個人年金してるー?

続きになりますが、年金を受け取る年齢も原則として、加入者が選ぶことが出来ないものが「公的年金」になります。
よく耳にする国民年金基金があります。
これは、国民年金法に基づいて運営されている公的な年金制度です。
ですから、個人年金とは少し違ってくると言えます。
(汗)もちろん、基礎年金に上乗せすると言う点については、国民年金基金も同じことが言えます。
その反対に個人年金について言うと、そのタイプの年金に加入するのか、自分で自由に選ぶことが出来ます。
しかし、その分、責任も自分にかかってくると言うことになります。
どのようなタイプを選ぶか!?この個人年金については、生命保険会社、郵便局でよく見られます。
しかし、今では銀行も証券会社も、個人年金を扱っていますよね。
そして、年金の種類も豊富にあります。
ですから、近くの金融機関で話を聞いてみてください。
それで良い思いますね。
どれに加入するかについては、それぞれの個人年金の違いを知ることです。
ざっと話を聞いただけでは、パンフレットを読んだだけでは、どの商品も同じように思えてしまいます。
そう思います。
そこで、個人年金を選ぶ時は、色々な面で比較をしてみましょう。
それが良いですね。
(笑顔)また、様々な金融機関が同じ個人年金商品を取り扱っていることもあります。
よくよく調べたら全く同じ商品だったと言うこともあると思います。
(笑顔)
ほけんの窓口の評判は?無料相談口コミと体験談!【予約必要?】