社会の役に立つ仕事

 仕事には、社会の役に立つものもあります。失業率が高く、思うように就職できない人が大勢いるこの頃ですが、倍率が非常に高い仕事もあれば、常時人手が足りない仕事もあります。

仕事につきたい人と実際に存在する仕事とのバランスが合っていることが本来の姿ですが、現代日本はそうはなっていません。仕事をする時には、どのような仕事であっても、社会の役に立つ仕事であるという感触を持つことが重要です。

誰かの役に立つ仕事をしていると考えることができれば、仕事に対する熱意も出てこようというものです。役に立つ仕事をしたいという気持ちだけでは継続は困難となる側面もあるのです。介助や補助のような仕事は人の役に立つ仕事としてはわかりやすいですが、様々な形で役に立つ仕事というものはあります。

顧客を食い物にするような仕事でなければ、たいていの仕事は人のニーズを満たすために存在する、役に立つものです。自分の仕事は社会の役に立つ仕事であるという自負を抱くことが、働くモチベーションを高めることができます。